旅行に行くならピルを使おう

旅行に行く時には、体調も万全に整えておきたいものです。普段はそれほど生理の日程に関しては、問題なく周期通りにくれば気にしない女性が大半なのですが、楽しいイベントの時に生理が来てしまうとそれだけでも楽しみが半減してしまうものです。

避妊薬として使うのが一般的なピルですが、それ以外にもいろんな効果があります。生理痛やPMSと呼ばれる月経前症候群であるイライラなどの不快な症状の緩和だけではなく、生理周期を調整するという効果もあるのです。これはそもそもピルの仕様自体が、21錠または28錠できちんと生理を管理できるようになっているからこそできる事でもあります。

ピルの飲み方についてはいろんな表記があるので自己流で試したいと思うかもしれませんが、意外に飲み忘れなどもあったりしますし、より確実に生理の日程を調整したい場合には病院で相談をする方がいいでしょう。その場合には病院によって来院時期などについていろいろと条件などがある場合もあるので、来院前に確認しておくと安心です。例えば、早める場合にしても一ヶ月前の生理日が開始されてから5日目以内に病院へという事もありますし、遅くする場合に関しては生理開始時の七日前までには来院するというような事になります。

気をつけたいのは、旅行前日や2、3日前の来院をするとか、または何ヶ月も前からの来院です。早すぎても遅すぎても調整は上手くいきませんので、余程急な旅行でない場合にはどうしたらいいのか病院に相談してみて下さい。もう一つは、この時に服用しているピルはあくまで生理日の調整になりますので、避妊効果はあまり期待しないようにして、きっちりと他の避妊方法も併用する事が大切です。

ピルの飲み忘れを防ぐコツ

きちんと避妊を行う手段の一つとしてピルも普及が進んでいますが、これも薬ですから正しく医師の指示通りに飲んでいく必要があります。正しく飲む事で避妊効果を発揮するのですが、時々飲み忘れてしまいそうになるという意見も聞きます。たかが飲み忘れと思うかもしれませんが、基本的にはピルのシートは並べられた順序に飲むものもあります。よく12時間以内なら当日分を飲んでいけば大丈夫というような説明なども見聞きしますが、飲み忘れがあればそのシートはもう使わずに服用中止をした方が確実です。一度の飲み忘れで、時間的には大丈夫だったとしてもやはり不安になってコンドームなどの別の避妊方法も併用した方がいいとすすめられる事の方が多い事もその理由にあります。

ピルの飲み忘れを防ぐためには、シートを開始していく前に飲む時間帯をまず決めましょう。一日一回飲むものになりますので、例えば朝食後に飲む、または昼食後、などという様に飲むシーンを決めるのです。そうすることでだいぶ飲み忘れを防ぐ事が出来ますし、携帯やスマートフォンなどのアラームを使って飲む時間を設定する人もいますから、きっちりと飲み続けていくためには最初にしっかりとピルを飲む習慣を作っていくといいでしょう。手帳などを使っているのであれば、カレンダーなどに丸をつけるなどして、きちんと飲んだ事が分かるように書き込んでいくのもおすすめです。一般的な薬のように飲み忘れても大丈夫だろうと考えているのであれば、それは間違いです。できる限り同じ時間に、毎日続けて飲む事でピルは避妊効果をもたらしてくれます。自分は大丈夫と思わずに、服用を決めたのであれば頑張って継続していくようにしましょう。

ピルに掛かる費用はどれくらい?

避妊効果や生理周期の安定のためにピルの服用を検討している女性も多いのではないでしょうか。基本的には病院で診察を受けて処方してもらうのが一般的になりますが、費用がどれぐらいになるのかよく分からなくて利用を踏み切れないという意見も少なくありません。

望まない妊娠を防ぐためには、ピルは有効な手段の一つです。ですが、あまりに費用が高いと続けていくことも、最初の一歩を踏み出す事もできません。大体どこの医療機関でも、一か月分となるシートの価格は2~3000円前後ぐらいが殆どです。これに初診料や診察料などが入るのですが、この料金に関しては医療機関によっても異なるので、行ってみようと考えている病院に予め問い合わせておく方が確実です。

医療機関で処方してもらう時には、保険が適用されずに自費診療となるため高くなってしまいます。もし個人輸入をする場合ですが、代行業者を利用したとしても1~2000円前後となりますので、価格としては抑えて利用する事ができます。安心料も込みと考えて病院で処方をしてもらうのか、それとも安さ優先にして個人輸入を利用するかはじっくりとよく考える必要があります。

もしも緊急時のアフターピルを利用したい場合には、一回でも1~2万円前後とかなりの高額になります。こちらも同じく保険適用外の自費診療となりますので、利用する前にはしっかりと間違いのないようにしておきたいものです。今はピルを手に入れる手段も幾つかありますので、その分安く手に入るようになりました。どのピルがいいのかなどもよく考えながら、費用に関しても一度は病院で問診を受けて相談をしてから決めてみましょう。その方が安心してピルの服用もしていけます。
アフターピルの仕組み