ピルによる副作用の症状とメチルアルコールの危険性

メチルアルコールは工業製のアルコールとして使用されているもので、人間が飲んでしまうと、失明してしまうおそらもあります。エチルアルコールとメチルアルコールの違いは、人間の体内に吸収された時に肝臓で分解されて、無害の酢酸になるか有害の蟻酸になるのかの違いで、人間を含む霊長類にとって蟻酸は有毒なので、メチルアルコールの摂取は人間にとって非常に危険です。ピルによる副作用の代表的な症状としては腹部の痛みや不快感でこれらの症状に関しては服用を継続しているとおさまることがあるので、医師に相談をした場合でも経過観察を指示されることがあります。ピルの服用に関しては副作用を把握することが重要であるとされていて、子宮からの出血などが確認された場合には服用を中止して、他のピルに変更するなどの処置をとる必要があります。ピルを服用するときに必要な知識としては血栓症の初期症状を知ることで、ふくらはぎが腫れ上がって痛み出したり、体の一部が痺れるなどの症状が出た場合にはすぐに医療機関を受診して血栓の有無を確認する必要があります。ピルを服用している女性で血栓症になる割合は10万人あたり150人程度とされています。1000人に1人が血栓症の副作用がでる計算になるので、喫煙をしていたり、高齢の女性の場合にはリスクが高まるので注意が必要となります。実際に血栓症となった女性は10代の女性と20代の女性なのですが、喫煙などの習慣も特にありませんでした。ピルによる副作用は喫煙の有無や年齢に関係なく、服用している女性にとっては誰にでも起こりうる問題なので、血栓症の初期症状を把握して、疑わしい場合はすぐに医療機関を受診することでリスクを下げることができます。