低用量ピルと生ビールの関係と飲み忘れの事後処理

生ビールを飲むことによって低用量ピルの服用に悪影響を及ぼすことはないとされているので、ピルを服用していても安心してアルコールを飲むことができます。しかし生ビールなどを飲み過ぎた場合にはピルの飲み忘れが多くなるので、事後処理をきちんと知っておく必要があります。低用量ピルは生理の初日から飲み始めて毎日同じ時間に服用しなければならないのですが、朝食後などに飲んでいる場合には生ビールを飲み過ぎて寝坊などをするとピルの服用が遅れることがあるので、24時間以上経過した場合には医師に相談をして適切な事後処理をしなければなりません。また24時間以内に気がついた場合にはすぐにピルを飲むことで対処をすることができます。ピルの飲み忘れに関する事後処理は時間によって異なるので、必ず医師に相談をする必要があります。ピルを服用できない人や副作用のリスクが高い人としては妊娠している女性や妊娠の可能性がある女性などでこの場合には胎児に対して悪影響をおよぼす可能性があります。また糖尿病や血栓症を経験した女性の場合には血管内に血栓ができるリスクが高まるので、医師と相談をして処方をする必要があります。また喫煙をする女性はしない女性よりも血栓症のリスクがもともと高いので、服用する場合には禁煙をするなどの対処が必要となります。アルコールは基本的にはあまり悪影響がないのですが、肝臓の機能を弱めてしまうおそれがあるので、飲み過ぎには注意が必要となります。生ビールはストレスを解消するためにはメリットが大きいので、更年期の女性に関しては無理に筋腫などをしないで適度にアルコールを摂取することで、精神的にも健康な毎日を送ることができるようになります。